読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニシコ日記

日記代わりにしています。

お店屋さんの猫

仕事が終わった帰り道。


交差点の角にある乾物屋さん
角から角まで、タイムスリップ。
とっても古くて、優しい色をしています。


歩いて 歩いて近づくと、
低めの昔ながらの店台の上に、
茶色の三毛猫が一匹。
なにやら座っています。


お隣には、少し大きなおかみさん。
少し小さなレトロな秤と並んでいます。

今はお客さんがひとりもいません。

でもなぜか、寂しい風景には見えません。



どうしてでしょう。



もう一度猫をよく見てみました。



店台の上、ニャンコの前には、
白いお皿が一つ。


なにやら晩御飯を食べている途中なんですね。


さっきみたお母さんをもう一度見てみました。



ニャンコを確認しながら、
今日1日も終わった脱力感と、
ニャンコが居るあたたかさ。


角をズンズン歩いて、
猫もお母さんも、お店も見えなくなります。


また少しお家が近づいてきました。